【ベルタ葉酸サプリ/危険性】危険のない葉酸サプリを選ぶ3つのポイント

危険のない葉酸サプリの選び方・ベルタ葉酸サプリの特徴

 

ベルタ葉酸サプリの危険性は、妊娠前から妊娠中・授乳中のどの時期でも安心して飲めるように配慮してあります。

 

市販の葉酸サプリや安価な葉酸サプリは、葉酸の配合量が少なすぎたり、逆に過剰摂取への配慮がなかったりと言うケースが多いです。

 

また市販の葉酸サプリや安価な葉酸サプリは、余計な添加物がたくさん含まれていたり、催奇形成のある添加物やアレルギー物質などがたくさん含まれていて、妊活中・妊娠中・授乳中に危険性の高いものが多いのです。

 

葉酸サプリを選ぶときは、ママにも赤ちゃんにも副作用の心配がなく、安心して飲めるものを選びましょう。

 

ベルタ葉酸サプリは、ママにも赤ちゃんにも副作用の心配がなく、安心して飲むことができるのでおすすめです。

 

 

 

 

↓安全性が高い葉酸サプリはこちら

 

ベルタ葉酸サプリの公式サイトへ

 

 

 

 

 

 

危険のない葉酸サプリの選び方・ベルタ葉酸サプリは葉酸の過剰摂取のリスクがなくおすすめ

 

ベルタ葉酸サプリに含まれる葉酸の配合量は、厚生労働省が推奨する1日摂取量の400μgです。

 

市販の葉酸サプリや安価な葉酸サプリは、葉酸の配合量が少なすぎるケースが多くおすすめできません。

 

また、外国産の葉酸サプリはiHerb(アイハーブ)などで手軽に買うことができますが、国によって葉酸の上限量に違いがあるため、葉酸の配合量が国産のものに比べて多いため、過剰摂取となるリスクがあります。

 

葉酸サプリを選ぶときは、葉酸配合量が400μgのもので、国産のものを選ぶと安全です。

 

ベルタ葉酸サプリは国産で、葉酸配合量400μgなので、過剰摂取のリスクがなく、妊活中から妊娠中・授乳中まで安心して飲むことができますよ。

 

 

 

 

 

危険のない葉酸サプリの選び方・ベルタ葉酸サプリは余計な添加物が含まれないからおすすめ

 

ベルタ葉酸サプリは、香料・着色料・保存料・香料発色剤・漂白剤・防カビ剤・膨張剤・苦味料・光沢剤の全てが無添加です。
市販の葉酸サプリや安価な葉酸サプリは、原料の多くが添加物ばかりと言うケースが多く、安全性の高いものは少ないです。

 

ベルタ葉酸サプリは、不要な添加物は使用しておらず、安全性の高い葉酸サプリと言えますね。

 

安価な葉酸サプリに含まれている添加物(ショ糖脂肪酸エステルなど)は、胎児の染色体異常の発症リスクを高めることがわかっています。

 

また、香料や着色料の一部に、胎児の喘息やアトピーなどのアレルギー疾患の発症リスクを上昇させるものがあることが指摘されています。

 

ベルタ葉酸サプリなら、不要な添加物は不使用なので、妊活中から妊娠中・授乳中まで安心して飲むことができますよ。

 

 

 

 

 

危険のない葉酸サプリの選び方・ベルタ葉酸サプリには催奇形成のある成分に配慮があるからおすすめ

 

ベルタ葉酸サプリには、催奇形成があるとされるビタミンAが配合されています。

 

ビタミンAは、妊娠中の過剰摂取により胎児の催奇形成のリスクを高めると言われています。

 

でも、ベルタ葉酸サプリに含まれるビタミンAはごく微量なので、催奇形成のリスクはありません。

 

ベルタ葉酸サプリは、妊活中だけでなく妊娠中や授乳中にも安心して飲むことができる葉酸サプリです。

 

ビタミンAは、過剰摂取により催奇形成のリスクがありますが、赤ちゃんの成長にも欠かせない成分なのです。

 

そのため、授乳中は特に必要な栄養素と言えます。

 

ビタミンAがわずかに配合されているだけで「絶対に飲んではいけない」などと記載されているサイトもありますが、ベルタ葉酸サプリは多くの産科クリニックで推奨されている葉酸サプリであり、安全性は証明されています。

 

ベルタ葉酸サプリは、有効成分をバランス良く、過剰摂取に配慮して配合されているため、安心して飲むことができますよ。

 

 

 

 

 

危険のない葉酸サプリの選び方・ベルタ葉酸サプリはクリニックの推奨数No.1だからおすすめ

 

ベルタ葉酸サプリは、産科クリニックの医師に勧められて購入したと言う方が多いです。

 

ベルタ葉酸サプリは、産科クリニックの推奨数No.1の葉酸サプリです。

 

近年は、不妊症の方の割合が増え、不妊クリニックの件数も増えており、クリニック開発の葉酸サプリを手がけるケースも多いですよね。

 

クリニック開発の葉酸サプリは、栄養バランスが優れていて妊活有効成分が豊富に含まれていますが、高額なのがネックですね。

 

そこで、手頃に買えるベルタ葉酸サプリが多くのクリニックで推奨されています。

 

ベルタ葉酸サプリは、手頃な料金で続けやすく、夫婦で一緒に飲むことができるためおすすめです。

 

 

 

 

 

 

危険のない葉酸サプリの選び方・ベルタ葉酸サプリはアレルギー表示成分が含まれないからおすすめ

 

近年、アレルギーのある人は増加傾向にあります。

 

アレルギーは人が持っている免疫の体質が過剰に反応してしまうことで起こる症状です。

 

アレルギー成分を摂取した時、少しかゆくなる程度の軽度のものから、食べてしまうと全身が赤くなってしまったり、ひどいときは呼吸困難になってしまうような重度のものまであります。

 

食事だけでなく、サプリメントにもアレルギー成分が含まれている場合もあるため、アレルギーのある方は注意が必要です。

 

ラベルにある成分表示やアレルギー表示もチェックするようにしたり、かかりつけの医師に相談するなどの注意が必要です。

 

アレルギー表示成分は、乳・卵・小麦・そば・落花生・えび・かにの7品目です。

 

妊娠中や授乳中は、ホルモンバランスの乱れや、体調不良などにより、普段はアレルギー体質ではない人がアレルギー体質になるケースもあります。

 

そのため、妊娠中や授乳中は、アレルギー表示物質が含まれる葉酸サプリの摂取は控えたほうが安心です。

 

ベルタ葉酸サプリの主成分は葉酸で葉酸そのものがアレルギー反応を起こすことはまずありません。

 

また、ベルタ葉酸サプリには野菜が21種類配合されていますが、含まれている野菜の成分でアレルギー反応を起こすこともありません。

 

さらに、代表的なアレルギー(鶏卵なし、牛乳なし、小麦なし、エビなし、大豆なし)なので、アレルギーを持っている方でも、安心して飲むことができるのでおすすめです。

 

 

 

 

 

危険のない葉酸サプリの選び方・ベルタ葉酸サプリは妊娠前から妊娠中・授乳中まで安心して飲めるからおすすめ

 

妊娠中は葉酸を飲んだほうが良いと言う情報は、ネットや育児系の雑誌などで発信されているため知っている方が多いですよね。
でも、葉酸はいつからいつまで飲むべきなのかは意外と知らない方が多いのです。

 

葉酸は、妊娠前1か月から妊娠3か月までは必須とされますが、妊娠中期・妊娠後期・授乳中(産後)のそれぞれの期間で必要な栄養素です。

 

多くの葉酸サプリは、葉酸の配合量は十分でも、それ以外の栄養素が不十分であったり、妊活サプリに関しては妊娠中に服用するのはリスクが伴うものもあります。

 

ベルタ葉酸サプリは、妊活中・妊娠中・授乳中のそれぞれの時期に必要な栄養素をバランス良く含んだ葉酸サプリです。

 

また、ベルタ葉酸サプリは男性妊活・女性妊活の両方に効果的な成分が豊富に含まれているため、夫婦で一緒に飲むことで妊活効果アップが期待できます。

 

葉酸サプリを選ぶときは、妊活中・妊娠中・授乳中の期間に続けて服用できるものを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

 

↓妊活中・妊娠中・授乳中も安心して飲める葉酸サプリです

 

ベルタ葉酸サプリの公式サイトへ

 

 

【ベルタ葉酸サプリ/危険性】ベルタ葉酸は妊娠初期や妊娠中も飲んで大丈夫?危険性や副作用について

ベルタ葉酸サプリの危険性を心配される方が見られますが、ベルタ葉酸サプリは妊娠初期から妊娠中も安心して飲むことができます。

 

ベルタ葉酸サプリは、妊活中・妊娠中・授乳中に必須の葉酸を必要量配合しており、ママの体調をサポートしたり、胎児の成長のサポート、先天性異常の予防などの効果が期待できます。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・妊活中・妊娠中・授乳中は葉酸が必須

 

妊活中・妊娠中・授乳中のそれぞれの時期で必須となるのが葉酸です。

 

それぞれの時期で葉酸が必要となる理由が異なります。

 

厚生労働省では、妊娠前1か月から妊娠3か月まで葉酸をサプリメントで摂取することを推奨しています。

 

ベルタ葉酸サプリは、厚生労働省が推奨する葉酸摂取量1日400μgを配合した葉酸サプリで、妊活中から産後まで続けて飲むことができますよ。

 

 

 

 

妊娠1か月前から妊娠3か月までに葉酸が必須の理由

 

葉酸は神経管閉鎖障害のリスクを低下する

 

厚生労働省では、葉酸サプリを摂取する目的として「胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減」を挙げています。

 

葉酸には様々な効果・効能がありますが、葉酸サプリを推奨する目的は1つです。

 

葉酸の摂取は、胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減に効果的とされており、胎児の神経管が形成される妊娠5週頃までは葉酸を積極的にとることが推奨されています。

 

神経管など重要な器官は妊娠初期にほぼすべて作られるため、妊娠が分かってから葉酸を飲み始めても効果が期待できません。

 

そのため、厚生労働省では「妊娠を計画している女性」は積極的に葉酸を摂取することを推奨しています。

 

ベルタ葉酸サプリは厚生労働省が推奨する葉酸1日摂取量400μgを配合しており、胎児の先天性異常の予防が期待されます。

 

 

 

 

 

 

 

葉酸は健康な卵子や精子の生成をサポートする

 

妊娠1か月前から葉酸が必要になるのは、受精の前の段階で、胎児の染色体異常のリスクはある程度予想ができるからです。

 

受精後は、猛スピードで細胞分裂が始まり着床に向かいます。

 

染色体異常のある卵子や精子が受精をした場合は、受精卵は染色体異常を持つことになります。

 

つまり、妊娠前から染色体異常となる可能性は予想ができると言えます。

 

もちろん、細胞分裂の段階のコピーエラーによる染色体異常もあります。

 

葉酸は、細胞分裂の際に遺伝子情報を伝達する核酸を生成する働きがあるため、葉酸が不足するとスムーズに細胞分裂ができないので、受精卵の成長ができません。

 

染色体異常のリスクを低下させるためには、健康な卵子が必要になります。

 

葉酸は、あらゆる細胞の細胞分裂をサポートしており、卵子細胞や精子細胞の細胞分裂のサポートも行っています。
健康な卵子・精子の生成には葉酸は欠かせません。

 

ベルタ葉酸サプリは厚生労働省が推奨する葉酸1日摂取量400μgを配合しており、健康な精子や卵子の生成することが期待されます。

 

 

 

参考:葉酸の働きと1日の摂取量(健康長寿ネット・長寿科学振興財団)

 

 

 

 

 

妊娠中期から妊娠後期に葉酸が必要な理由

 

妊娠中期から妊娠後期のママの体と胎児の成長

 

妊娠中期は妊娠5ヶ月から7ヶ月のことで、子宮の中では胎盤が完成し、胎盤を通して胎児に栄養が運ばれます。

 

つわりも落ち着き、流産のリスクがぐんと減る時期です。

 

妊娠中期以降は、赤ちゃんは羊水の中で自由に動き回り、脂肪や筋肉が増え、赤ちゃんらしい体つきになっていきます。

 

子宮の大きさは大人の頭ほどのサイズになり、お腹が急激に目立つようになってきます。

 

この時期は赤ちゃんの成長が著しく、たくさんの栄養が必要となるため、胎盤を通してたくさんの血液が供給されます。
妊娠中期から後期では、非妊娠時の約2倍の血液が必要となり、貧血となりやすい時期です。

 

葉酸には造血作用があり、赤血球の生成をサポートします。

 

葉酸を積極的に摂取することで造血作用が期待でき、赤ちゃんにたくさんの血液を届けることができます。

 

胎盤を通して十分な血液(栄養)を供給された赤ちゃんはすくすくと成長しますが、十分な血液(栄養)を供給されないと胎児の発育不全や、最悪の場合は流産や死産に繋がることもあります。

 

ベルタ葉酸サプリは、葉酸の1日推奨量400μgを配合しており、造血作用が期待できます。

 

 

 

 

妊娠後期には授乳に向けた体の準備が始まる

 

妊娠後期になる授乳に向けた準備が始まります。

 

授乳に向けて乳腺が発達しますが、ホルモンバランスが乱れると乳腺がスムーズに発達できません。

 

葉酸は造血作用により血流改善効果があります。

 

血流の改善により子宮や卵巣への血流が改善し、スムーズにホルモン分泌がされるようになりホルモンバランスが整います。

 

葉酸を摂取することでホルモンバランスを整え、授乳に向けた体の準備をすることができます。

 

ベルタ葉酸サプリには葉酸の1日推奨量400μgが配合されており、ホルモンバランスの改善に効果的です。

 

 

 

 

 

 

産後・授乳中に葉酸が必要な理由

 

産後の疲れや体調不良の改善

 

産後は頻回の授乳や出産の疲れなどにより体調不良を起こす方が多いです。

 

体調不良やストレス・寝不足から母乳の分泌が悪くなることもあります。

 

葉酸の造血作用は、産後の疲れや体調不良の改善に効果的です。

 

葉酸の造血作用により全身にたくさんの血液が供給され、新しい細胞がスムーズに作られます。

 

新しい細胞が作られるときはたくさんのエネルギーが必要であり、細胞内ではエネルギーの生成を行います。

 

新しい細胞の生成により新陳代謝が改善し、全身の疲れや体調不良の改善が期待できます。

 

ベルタ葉酸サプリは葉酸1日推奨量400μgが配合されており、産後の疲れや体調不良の改善に効果が期待されます。

 

 

 

 

ホルモンバランスの改善や血流改善により母乳分泌がスムーズに

 

葉酸は赤血球の生成をサポートする働きがあるため、葉酸を十分に摂取することで貧血が改善し、全身に十分な血液を供給することができます。

 

血流の改善により生殖器には十分な血液が送られるため機能が活性化し、ホルモンバランスが整います。

 

ホルモンバランスの改善により母乳の分泌を促進するホルモンが十分に出すことができます。

 

また母乳が作られる乳腺にも十分に血液を送ることができるため、母乳の生成がスムーズに行うことができ、母乳の分泌量が増加します。

 

ベルタ葉酸サプリは、授乳中(産後)に必要な栄養素をバランス良く配合しており、産後におすすめの葉酸サプリです。

 

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・妊活中・妊娠中・授乳中のそれぞれの時期の葉酸必要量について

 

ベルタ葉酸サプリの危険性を心配する方は、葉酸の過剰摂取のリスクについて心配があるようです。

 

ベルタ葉酸サプリは、妊活中・妊娠中・授乳中に必要な栄養素をバランス良く配合しており、葉酸の過剰摂取のリスクがないように配慮されています。

 

ベルタ葉酸サプリなら、妊活中・妊娠中・授乳中のそれぞれの時期に必要な栄養素を十分に摂取することができるますよ。

 

 

 

妊娠前から妊娠初期の葉酸必要量について

 

妊活中の葉酸必要量

 

妊娠前(妊活中)に推奨される葉酸摂取量は、食事からの葉酸摂取量240μgに加えて、サプリメントからの葉酸摂取量400μgの計1日640μgとされています。

 

妊活中は、健康な卵子や精子を作るためにも葉酸は不可欠です。

 

葉酸は、緑黄色野菜(ほうれん草や小松菜など)や果物などの多く含まれており、日常の食事でも十分に摂取が可能な栄養素です。

 

でも、食生活の変化などから、従来は不足する可能性は低いとされていた葉酸が、食事からでは十分に摂取することができない人が増えています。

 

また、食事由来の天然葉酸は体内への吸収率が50%以下と低いため、妊活中に必要な葉酸の摂取量を満たすことは難しいのです。

 

そのため、妊活中は食事からの葉酸摂取量に加えて、サプリメントから1日400μgの葉酸を摂取することが推奨されています。

 

 

 

妊娠初期の葉酸必要量

 

妊娠初期(妊娠3ヶ月まで)の葉酸1日推奨量は、食事からの葉酸摂取240μgに加えて、サプリメントからの葉酸摂取240μgの計1日480μgとされています。

 

妊娠初期の葉酸摂取目的は、胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減のため、しっかりと葉酸摂取をすることが推奨されています。

 

妊娠初期は、胎児の重要な器官のほぼすべてが作られる時期であり、十分な栄養補給が必須です。

 

葉酸は細胞分裂のサポート、胎児の成長に係わる成分のため、サプリメントでしっかりと摂取しましょう。

 

ベルタ葉酸サプリは葉酸400μg配合しており、妊娠初期に必要な葉酸をしっかり吸収することができますよ。

 

 

 

 

 

妊娠中期から妊娠後期の葉酸必要量について

 

妊娠5ヶ月以降の葉酸必要量

 

妊娠中期(5〜7ヶ月)から妊娠後期(8〜10ヶ月)の葉酸摂取量は、食事からの葉酸摂取量240μgに加えて、サプリメントからの葉酸摂取量240μgの、計1日480μgとされています。

 

妊娠中期から妊娠後期は胎児がグングンと大きくなる時期であり、たくさんの栄養素が必要となります。

 

妊娠5ヶ月頃には胎盤が完成され、胎児への栄養補給は胎盤を通して行います。

 

胎児の発育不全や流産・死産の予防のためにも、十分に葉酸を摂取したいですね。

 

ベルタ葉酸サプリは葉酸の1日推奨量400μgを配合しており、妊娠中期から妊娠後期のママと赤ちゃんをサポートします。

 

 

 

 

 

産後・授乳期の葉酸必要量について

 

産後・授乳期の葉酸摂取量は、食事からの葉酸摂取240μgに加えて、サプリメントからの葉酸摂取100μgの、計1日340μgとされています。

 

産後・授乳期は、質の良い母乳を十分に生成することで胎児の成長をサポートする時期です。

 

葉酸の造血効果で全身の血流が改善することで、乳腺や生殖器への血流が改善し、質の良い母乳が十分に生成されます。

 

また産後は急激なホルモンバランスの乱れや、疲れ・寝不足・ストレスなどにより産後うつになるケースもあるため、十分に葉酸を摂取し、疲れや体調不良の改善に繋げたいですね。

 

ベルタ葉酸サプリは葉酸400μgを配合し、産後の様々な不調症状を改善することが期待されます。

 

 

 

 

 

 

↓妊活中・妊娠中・授乳中も安心して飲める!

 

ベルタ葉酸サプリの公式サイトへ

 

[ベルタ葉酸サプリ/危険性]葉酸の働きと神経管閉鎖障害などの先天性異常の予防効果について

ベルタ葉酸サプリの危険性を心配する口コミが多いのは、葉酸の過剰摂取のリスクや、添加物が含まれることなどが理由となっています。

 

でも、ベルタ葉酸サプリは危険性への配慮がされており、葉酸の過剰摂取や添加物による服用の危険性はありません。

 

 

 

 

↓無添加で安全性の高い葉酸サプリはこちら

 

ベルタ葉酸サプリの公式サイトへ

 

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性と葉酸の主な効能・効果について

 

ベルタ葉酸サプリの危険性を心配する方の多くが、葉酸の過剰摂取によるリスクが理由になっています。

 

妊娠中は葉酸を摂取したほうが良いことは分かっていても、過剰摂取による赤ちゃんへの副作用も心配ですよね。

 

葉酸の効能・効果と、ベルタ葉酸サプリの危険性について検証します。

 

 

 

 

葉酸の働き・核酸を生成し細胞分裂をサポート

 

核酸は、遺伝子の本体であるDNAとRNAの2種類があり、遺伝情報が書かれている場所です。

 

私たちの体内では、日々新しい細胞が生まれており、卵子や精子も新しい細胞から作られます。

 

新しい細胞は細胞分裂をしながら成長し、全身の機能を保っており、新しい細胞が生成できなくなると全身の機能は低下するため、生命を維持することができません。

 

細胞は細胞分裂をする際に、遺伝子情報をコピーしながら伝達をしていきます。

 

核酸には遺伝子情報が書かれていますが、葉酸が不足すると核酸の生成がスムーズに行えないため、遺伝子情報のコピーエラーが起こります。

 

遺伝子情報が正確に伝わらないと染色体異常のある細胞となります。

 

このような状態が卵子や精子の細胞で起こると、染色体異常のある精子や卵子となり、受精能力や妊娠力が低下します。

 

妊活では、健康な卵子と精子を生成することが重要であり、その鍵を握っているのが葉酸と言えます。

 

ベルタ葉酸サプリには、葉酸の1日推奨摂取量の400μgが配合されており、健康な卵子や精子の生成をサポートすることが期待されます。

 

 

 

 

参考:核酸・栄養素の説明(一般社団法人オーソモレキュラー栄養医学研究所)

 

 

 

 

葉酸の働き・赤血球の生成をサポート

 

葉酸は新しい細胞の生成をサポートするため、赤血球細胞の生成のサポートにも関与しています。

 

赤血球は血液細胞の1つで、赤血球の中にはヘモグロビンと呼ばれる成分が存在します。

 

赤血球中のヘモグロビンは、肺の中にある酸素を血管内に取り込み全身に送り届ける働きがあります。

 

また、血流とともに全身を巡り、不要となった老廃物を回収する働きもあります。

 

ヘモグロビンは赤血球の中に存在するため、赤血球が不足すると、全身に十分な酸素を送ることができませんし、血管内の老廃物を除去することができません。

 

血流が不足すると全身の機能は低下し、また老廃物が貯まることでさらに機能低下が進みます。

 

卵子・子宮・精子などの生殖器は、たくさんの血液が必要な器官です。

 

赤血球がスムーズに生成できないと、生殖器への血流が滞るため、生殖機能が低下します。

 

生殖機能の低下により、性ホルモンの生成がスムーズにできなくなるとホルモンバランスが乱れ、不妊症の原因となります。

 

葉酸は、妊活をする上で必須の栄養素と言えます。

 

ベルタ葉酸サプリは、葉酸の1日摂取量400μgを配合しており、ホルモンバランスの改善効果が期待できます。

 

 

 

 

 

葉酸の働き・胎児の発育をサポート

 

胎児の成長は猛スピードで、日々新しい細胞が生まれ細胞分裂を繰り返し、全身の器官を形成しています。

 

胎児の成長には新しい細胞の生成、細胞分裂が必要です。

 

葉酸は新しい細胞を生成し、細胞分裂をサポートする働きがあるため、胎児の成長に欠かせない栄養素です。

 

また、妊娠中期に胎盤が完成すると、胎盤を通して胎児に栄養が届けられます。

 

葉酸には造血作用があるため、胎盤内の血流が改善し、胎児に十分な血液を届けることができます。

 

血液中には栄養や酸素が含まれていつため、胎盤内の血流改善は胎児の成長に必要となります。

 

胎盤内の血流が悪く胎児に十分な血液が送れなくなると、胎児の成長は遅れ発育不全や発育遅延に繋がり、最悪の場合は流産や死産につながります。

 

妊娠中は、胎児の成長のためにも葉酸摂取は不可欠と言えますね。

 

ベルタ葉酸サプリには1日に必要な葉酸400μgが配合され、胎児の成長をサポートします。

 

 

 

 

 

葉酸の働き・動脈硬化の予防

 

葉酸の働きの1つに、活性酸素を発生させる原因となるホモシステインを減少させることが期待されています。

 

ホモシステインは、アミノ酸の1つで、脳や骨、血液で活性酸素を発生させ、体内を酸化(老化)させ、認知症・動脈硬化・骨粗鬆症などの原因となると考えられています。

 

葉酸はホモシステインを減少される働きが期待されるため、活性酸素の発生を防ぐことから、体内の酸化の予防に繋がります。

 

動脈硬化は、血管壁の弾力がなくなり細くなっている状態です。

 

血管壁には老廃物やコレステロールなどが付着し血管の通りを悪くしています。

 

このような状態では、体内の血流は低下し、全身に十分に血液を送ることができません。

 

子宮や卵巣、精巣などの生殖器への血流も低下するため、生殖機能も低下してしまいます。

 

ベルタ葉酸サプリには葉酸の1日推奨量400μgが配合されており、血流の改善や、活性酸素の除去に効果が期待されます。

 

 

 

 

 

参考:動脈硬化&認知症からカラダを守れ!(NHKガッテン)

 

 

 

 

 

葉酸の働き・コレステロール値の低下

 

葉酸の働きの1つとして、コレステロール値の低下が期待されています。

 

葉酸は、血管内を老化(酸化)させる物質であるホモシステインを、メチオニンと言う無害のアミノ酸に変換するサポートをすることが分かってきました。

 

メチオニンは血中のコレステロールを低下させる可能性があることがわかってきており、葉酸の効果がますます期待されています。

 

血中のコレステロール値の上昇は動脈硬化の原因となり、虚血性心疾患などに繋がる恐れがあります。

 

また、葉酸のサポート成分であるビタミンB12は、葉酸と共にホモシステインを無害化する働きがある可能性が分かってきました。

 

ベルタ葉酸サプリには、葉酸のみではなく、葉酸のサポート成分であるビタミンB12も配合されており、生活習慣病の予防効果が期待されます。

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・神経管閉鎖障害とはどんな疾患?

 

二分脊椎症について

 

無脳症について

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・神経管閉鎖障害の原因について

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・神経管閉鎖障害は高齢妊娠で発症率が上昇する

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・神経管閉鎖障害とダウン症の関係について

 

[ベルタ葉酸サプリ/危険性]葉酸の過剰摂取はママや赤ちゃんにどのような副作用があるの?

ベルタ葉酸サプリの危険性・妊娠後期の葉酸過剰摂取は子供の喘息発症率を上昇させる

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・葉酸過剰摂取の症状について

 

葉酸過剰摂取の症状・急性期の症状

 

葉酸過剰摂取の症状:慢性期の症状

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・葉酸の1日摂取量の上限について

 

葉酸は1日1,000μg以上の摂取を続けると過剰摂取となる

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・食事からの葉酸摂取は過剰摂取のリスクにはならない

 

食事由来の天然葉酸(ポリグルタミン酸型葉酸)とサプリメントに配合される合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)違い

 

食事由来の天然葉酸は体内への吸収率が低いため過剰摂取のリスクはない

 

合成葉酸は体内への吸収率が高いため容量・用法を守り過剰摂取を予防する必要があります

 

厚生労働省では食事からの葉酸摂取に加えてサプリメントで1日400μgの葉酸を摂取することを推奨している

 

葉酸400μg配合のベルタ葉酸サプリは食事からの葉酸摂取を加えても過剰摂取の心配はない

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・葉酸が含まれる加工食品は摂取量に注意が必要

【ベルタ葉酸サプリ/危険性】ベルタ葉酸の成分は安全?成分の効果と過剰摂取の危険性について

妊活、妊娠中だけでなく、人が健康な身体で生きていくうえで毎日必要な栄養素があります。

 

しかし、栄養素はやみくもにたくさん摂取すればいいわけではありません。

 

栄養素のなかには摂りすぎて過剰摂取になってしまうと、めまいや吐き気、貧血、下痢などの症状が現れたり、酷くなると骨や臓器にも悪い影響が出てくるため、1日に必要な栄養素を必要な分だけ、バランスよく摂取する必要があります。

 

ベルタ葉酸サプリは食事だけでは補えない、1日に必要な栄養素を補給できるように成分を配合してあります。

 

他のサプリと併用してしまうと、栄養素を摂りすぎてししまう場合があるので、併用には注意が必要です。

 

また、一度にサプリメントをたくさん服用しても、摂取できる栄養素には限りがあります。

 

用法・容量の厳守を必ずまもり飲みすぎないよう気をつけましょう。

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・ベルタ葉酸は葉酸の過剰摂取に配慮があるため安心です

 

葉酸を過剰摂取してしまうと、じんましんや発熱を引き起こしたり、赤ちゃんが喘息持ちになってしまう可能性があります。

 

しかし、普段の生活で葉酸の多い食べ物を食べたり、サプリメントで補ったとしてもを摂りすぎてしまうということはありません。

 

葉酸の過剰分の多くは尿や汗で排出されてしまいます。

 

葉酸には妊娠初期に摂取すると 造血作用やホルモンバランスを整えるはたらきがあるため、妊活、妊娠中に積極的に摂取したい栄養素です。

 

また、妊娠初期に積極的に摂取すると神経管閉鎖障害という脳機能に障害が起きるリスクを下げる効果があります。

 

厚生労働省は一日に1mg(1000?)以上の摂取を推奨しています。

 

また、厚生労働省は食材にもともと含まれている天然葉酸ではなく、体内に吸収されやすい合成葉酸を摂取することを推奨しています。

 

合成葉酸はモノグルタミン酸型の葉酸で、熱や水に弱く調理の過程で吸収率が下がってしまい、吸収率は50%程度の天然葉酸に比べ、吸収率は85%と35%も高いです。

 

ベルタ葉酸サプリには、酵母葉酸という葉酸に酵母を含有させた葉酸で、酵母と一緒にしたことで体内にとどまる時間が長くなり、吸収を効率よくした葉酸が配合されています。

 

ベルタ葉酸サプリに葉酸は1粒に100r含まれていて、1日の服用目安は4粒なのでサプリだけで400rを摂取できます。

 

ベルタ葉酸サプリを併用したとしても、残りの1日の食事で葉酸を摂りすぎてしまうということは、まずないので安心です。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・ツバメの巣の副作用は心配ありません

 

ベルタ葉酸サプリには、健康・美容成分の一つとして、ツバメの巣が配合されています。

 

ツバメの巣には、シアル酸という成分が豊富に含まれています。

 

ローヤルゼリー・鶏卵・ししゃも・たらこ・牛乳などにも含まれていますが、ツバメの巣に含まれているシアル酸はほかの食材と比べ物にならないほど多いです。

 

シアル酸は細胞の栄養や美容を管理する能力があり、シアル酸を積極的に摂取することで、身体の隅々まで成分が行き届くようになります。
美肌効果・育毛効果・免疫力の向上・去痰作用 抗炎症作用などの効果があるので、健康・美容成分として注目されています。

 

シアル酸は妊娠中に飲んでも副作用はありません。

 

シアル酸は母乳にも含まれる成分で、食べ過ぎで拒絶反応を起こしたり、アレルギー反応が出たりすることはありませんので、サプリメントの飲み方を守れば問題ありません。

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・カルシウムの過剰摂取の心配はありません

 

カルシウムには、骨を形成したり、出血した際、血を固めて出血を止めてくれる凝結作用があったり、免疫力を高めてくれたり、神経の興奮を抑えイライラをしずめてくれる働きがあります。

 

カルシウムは血液中にも存在し、血中のカルシウムが少なくなると骨からカルシウムを補給しようとするため、カルシウム不足が続いた場合、骨が脆くなってしまう「骨粗しょう症」になってしまいます。

 

ベルタ葉酸サプリには、カルシウムが配合されていますが、過剰摂取の心配はまずありません。

 

むしろ、現代人はカルシウムが不足している人が多いため積極的に摂取したい栄養素です。

 

さらに、妊娠中には胎児の骨を形成する栄養として、母体であるお母さんのカルシウムを消費するために必要量が増えるため、不足しないように気をつたい栄養素です。

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・鉄分の過剰摂取の心配はありません

 

ベルタ葉酸サプリには、鉄分が配合されています。

 

鉄分はたんぱく質の代謝を高め、細胞を活性化させて若々しい肌を保ったり、カルシウムなどと一緒に歯や骨の補強を行い、丈夫な身体を作ったり、血液中のヘモグロビンの材料になります。

 

鉄分は摂取しても体内に吸収されづらいため、不足している人が多く、積極的に摂取しても過剰摂取になることはまずありません。

 

鉄分は血液中のヘモグロビンの材料なので、不足してしまうと、鉄欠乏性貧血という貧血になってしまいます。

 

女性は生理があり、定期的に血を失いやすく、鉄分が不足しがちです。

 

妊娠中は妊婦から胎児に血液を通して栄養を送るため、さらに必要量が増えます。

 

なので、積極的に摂取したい栄養素の一つです。

 

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・ヨウ素の過剰摂取の心配はありません

 

ヨウ素は甲状腺ホルモンの材料になるミネラルの一種です。

 

甲状腺ホルモンは身体の代謝を促進したり、成長ホルモンとともに身体の成長を助ける働きがあります。

 

摂りすぎてしまうと、甲状腺の機能低下を引き起こしたり、甲状腺が腫れるなどの症状が出る場合があるので、バセドウ病・橋本病などでチラージンを服用しているなど、甲状腺ホルモンの病気ありの人は注意が必要です。

 

ベルタ葉酸サプリにもヨウ素が配合されていますが、1日の服用目安量である4粒を摂取してもヨウ素は0.1mg含まれています。

 

ヨウ素の1日の摂取目安量は0.24mg(240μg)?2.2mg(2200μg)、妊婦の場合は1日2mgまでなので摂りすぎる心配はありません。

 

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・プラセンタは副作用の心配はありません

 

プラセンタは、豚プラセンタ、馬プラセンタ、羊プラセンタ、海洋性プラセンタなどがあり、主に動物の胎盤から抽出した成分です。

 

プラセンタには、自律神経やホルモンバランスを整える働き、代謝を高める働き、血行を良くする働き、造血作用、免疫力を高める働きなど身体を健康に保つ様々な効果があります。

 

また、美容成分としても効果が高く、細胞を活性化してターンオーバーを高め、肌荒れ対策や美しい肌を保つ働きもあります。

 

ベルタ葉酸サプリに配合されているプラセンタは、馬プラセンタです。

 

馬プラセンタはベルタ葉酸サプリのリニューアル後に追加され、口コミでも肌荒れが改善したなどの良い評価が見られます。

 

馬プラセンタは、豚プラセンタや羊プラセンタなどに比べて品質が高く安心なのでおすすめです。

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・脂溶性ビタミンやミネラルの過剰摂取の心配はありません

 

ビタミンには2種類あり、水に溶けやすい水溶性ビタミンと油に溶けやすい脂溶性ビタミンがあります。

 

水溶性ビタミンは、体内に吸収されても汗や尿と一緒に体外に排出されやすく摂りすぎてしまうことはあまりありませんが、脂溶性ビタミンは体内に残りやすいため、摂りすぎてしまった場合、過剰摂取となってしまう場合があります。

 

ビタミンAは脂溶性ビタミンの為、摂りすぎてしまった場合、副作用として腹痛やめまいなどの症状が現れる場合があるため注意が必要です。
ヨウ素も身体に必要なミネラルの一種で、身体の発育を促す効果があるため、妊娠中に積極的にとりたい成分です。

 

摂りすぎてしまった場合、甲状腺の機能低下を招いたり、甲状腺が腫れる等、甲状腺周りに異常をきたす場合があります。

 

ただ、ビタミンもミネラルも常に消費されていくものなので、サプリメントで補給する場合も、用法用量を守る飲み方をすれば全く問題はありません。

 

 

 

 

ビタミンAの過剰摂取の失敗はありません

 

ビタミンAは、レチノール・レチナール・レチノイン酸のことをまとめた呼び方です。

 

脂溶性のビタミンの一種で、体内にとどまりやすい性質を持っています。

 

ビタミンAには、目や皮膚の粘膜を健康に保つ働きや、暗い場所でも目が見えるようにする働きや、病気・病原体に対する抵抗力を強める働きがあります。

 

体内でビタミンAの材料となるβカロテンはニンジンなどに多く含まれています。

 

ビタミンAは過剰摂取してしまうと、副作用により嘔吐、悪心、頭痛、体調不良などの悪影響が出てしまいます。

 

また、妊娠中に必要以上に摂取すると、赤ちゃんの奇形を起こすリスクも高くなります。

 

ベルタ葉酸サプリにも、ビタミンAは配合されていますが、ビタミンAの1日の摂取量目安は0.54mg(540μg)?1.5mg(1500μg)で、ベルタ葉酸サプリには、1日4粒目安で0.0024mg(2.4μg)のビタミンAが配合されているため、飲み方を間違えず、1日分の用法・用量を正しく守って飲んでいれば問題はありません。

 

 

 

 

ビタミンDの過剰摂取の心配はありません

 

ビタミンDは脂溶性ビタミンの為、体内に蓄積しやすいビタミンの一種です。

 

ビタミンDはカルシウムの吸収を補助して、吸収率を上げ骨の成長を促進させる働きがあります。

 

ビタミンDを適切に摂取することで、くる病や低カルシウム症の予防にも役立ったり、妊娠中・授乳中にしっかり摂取していると、母乳から栄養を摂取している赤ちゃんの免疫機能も高め、ウイルスや細菌からの感染症を防ぐ働きもあります。

 

ビタミンDの1日の摂取目安量は0.0025mg(2.5μg)?0.05mg(50μg)です。

 

ベルタ葉酸サプリに含有されているビタミンDは1日の服用目安である4粒で0.002mg(2.0μg)なので、ベルタ葉酸サプリを服用したことで過剰摂取となることはないので安心です。

 

 

 

 

 

 

ビタミンEの過剰摂取の心配はありません

 

ベルタ葉酸サプリには、ビタミンE が配合されています。

 

ビタミンEは脂溶性ビタミンで体内に蓄積されやすい性質を持っていますが、普段から体内の栄養素として消費されたり、摂取量が増えると反比例して、吸収率は下がるため、過剰摂取の心配はありません。

 

ビタミンEは、別名『子宝ビタミン』と呼ばれているビタミンで、子宮内幕を厚くして、着床しやすくする働きのある、黄体ホルモンの材料となります。

 

また、ビタミンCと一緒に摂取する事で両方のビタミンの吸収率があがる相乗効果もあるため、妊娠前、妊娠中、授乳中も積極的に摂取したい栄養素です。

 

ビタミンEの1日の摂取量の目安は、8.0mg(8000μg)〜600mg(60000μg)です。

 

ベルタ葉酸サプリには、1日の摂取量の目安である4粒で0.03mg(30μg)のビタミンEを摂取することが出来るので、用法・用量を正しく守って摂取すれば問題ありません。

 

 

 

 

ビタミンKの過剰摂取の心配はありません

 

ビタミンKにはカルシウムに作用して、骨の形成を助けるたり、骨の密度を高める働きや、血液の凝固作用があります。

 

ビタミンKも脂溶性ビタミンの一種なので、水には溶けず体内にとどまりやすい性質を持っています。

 

ビタミンKはホウレンソウ・モロヘイヤ・小松菜などの緑黄色野菜に多く含まれています。

 

摂りすぎてしまうと、貧血や腹痛、下痢などの症状が引き起こされる場合もあります。

 

また、ビタミンKを摂取する場合は、先に服用している薬との飲み合わせにも注意しなければなりません。

 

血栓症や心筋梗塞の治療のためにワーファリンを服用している方は注意が必要です。

 

ワーファリンは血管が詰まらないようにするために、血液を固まらないようにする薬です。

 

たいして、ビタミンKは血液の凝固作用があり、互いに真逆の効果なので、先にワーファリンを服用していて、ビタミンKが多く含まれるサプリメントなどを服用しようと考えている方は、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。

 

ベルタ葉酸サプリには、ビタミンKは配合されていないため、摂りすぎてしまう心配はありません。

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・ベルタ葉酸に含まれる野菜や果物の安全性について

 

ベルタ葉酸サプリは、サプリメントなので、毎日継続して服用をする飲み物です。

 

ベルタ葉酸サプリには、14種類の緑黄色野菜(大麦若葉、ケール、ブロッコリー、かぼちゃ、チンゲン菜、モロヘイヤ、パセリ、人参、ゴーヤ、ほうれん草、桑の葉、よもぎ、トマト、アスパラガス)と淡色野菜7種類(セロリ、キャベツ、野沢菜、大根、さつまいも、レンコン、白菜)の合計21種類の野菜が配合されています。

 

野菜はすべて西日本産の国産品を使用していますが、栽培の段階で農薬を使用している場合もあり、農薬が残留している場合もあります。

 

残留農薬は妊活中や妊娠中の胎児に悪影響を及ぼす場合があるので、利用者の方が安心して服用できるように、ベルタ葉酸サプリは製造前と製造後の出荷前に2回、残留農薬検査を実施しています。

 

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・放射能検査を実施済みだから安心

 

サプリメントは医薬品ではないため、即効性はなく効果が出るまでに時間を要したり、個人差もあります。

 

そのため、目安とされる量を毎日継続して服用することで効果を実感することができます。

 

そのサプリメントに、もしも放射能や残留農薬が含まれていた場合、1回の服用では影響はないかもしれませんが、継続して服用することで毒素も蓄積してしまう可能性があります。

 

妊活中・妊娠中に放射能や有毒な農薬が体内に蓄積してしまった場合、母体であるお母さんから栄養をもらっている胎児にも悪影響を及ぼす可能性があります。

 

ベルタ葉酸サプリは安心なサプリメントを提供するために、第三者機関に委託して、放射能検査・残留農薬検査を実施しています。

 

放射能、残留農薬検査済みの商品だけを出荷しているので妊活中・妊娠中の方だけでなく、どなたでも安全です。

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・GMP工場で製造しているから品質管理が徹底していて安心

 

リニューアルしたベルタ葉酸サプリは品質管理を徹底していて、厚生労働大臣が定めた基準であるGMPが認定されている国内のGMP工場で生産されています。

 

さらに、GMPの中でも最高水準である医薬品GMPをクリアした工場で生産されているため安全で安心できるサプリメントです。

 

添加物は食品由来のものを使用しています。

 

合成の着色料や保存料は使用していません。

 

ベルタ葉酸サプリにはビタミンAも配合されていて、妊娠中の摂取量には注意が必要ですが、1日に必要なビタミンAの一部分しか配合されていないので摂りすぎてしまうということはありません。

 

また、ベルタ葉酸サプリにはヨウ素も配合されていて、ヨウ素を過剰摂取してしまうと甲状腺機能の低下や、甲状腺が腫れてしまう原因となりますが、ベルタ葉酸に配合されているヨウ素の量も1日に必要な摂取量の一部なので摂りすぎることはありません。

 

[ベルタ葉酸サプリ/危険性]ベルタ葉酸に含まれる添加物の安全性について

ベルタ葉酸サプリの危険性・着色料のβ-カロテンが安心な理由

 

ベルタ葉酸サプリには、着色料としてβ-カロテンが使用されています。

 

β-カロテンは食べ物由来の色素成分で、にんじんやかぼちゃ、ホウレンソウ・小松菜などの緑黄色野菜に多く含まれています。

 

β-カロテンは体内でビタミンA(レチノール)を作る材料にもなります。

 

ビタミンA(レチノール)は脂溶性で体内にとどまりやすい性質をもったビタミンです。

 

過剰摂取してしまうと、副作用で嘔吐、悪心、頭痛、体調不良などを引き起こしたり、妊娠中に必要以上に摂取すると、赤ちゃんの奇形を起こすリスクも高くなります。

 

しかし、体内にとどまりやすくても、日々の生活で消費されていくので、1日の摂取量目安を守れば問題ありません。

 

ビタミンAの1日の摂取量の上限は540ugですが、ベルタ葉酸サプリは1日に4粒目安で摂取したとしても、含まれているビタミンAは1.8ugだけなので、安心です。

 

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・デキストリンが安心な理由

 

ベルタ葉酸サプリにはデキストリンが含まれています。

 

デキストリンは難消化性デキストリンとしてTVなどのダイエットサポート食品などの宣伝でもよく耳にするようになっていて、ダイエットサプリ等に配合されている場合があります。

 

デキストリンは水溶性でじゃがいもやトウモロコシなどのでんぷんを加工して作られている食物繊維成分です。

 

デキストリンは食物繊維なので、腸内環境を整えて、便通を改善してくれたり、内臓脂肪を減らしてくれたり、糖分や炭水化物の吸収を抑えることにより、ダイエット効果が期待できます。

 

食品由来の成分で、食品の加工や保存の為に使われる添加物でもないため、妊娠中に摂取しても人体に影響はないので大丈夫です。

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・ミネラルイーストが安心な理由

 

ミネラルイーストはビール酵母やパン酵母などの食品酵母を加工した酵母由来のミネラルの事です。

 

酵母の培養の段階でミネラルを取り込むことで、ミネラルの含有量を増やし、吸収率を良くした成分です。

 

亜鉛や銅などのミネラルを含有しています。亜鉛や銅は不足しがちなミネラルなので、積極的に摂取したい成分です。

 

亜鉛などのミネラルは、過剰摂取しても身体に悪影響を及ぼしますが、現代の人は摂りすぎる事よりも、不足しがちなことが多いため飲みすぎてしまうことはまずありません。

 

ベルタ葉酸サプリにも、ミネラルイーストが配合されています。

 

酵母由来なので副作用やアレルギーの心配をせずに、亜鉛や銅などのミネラルを効率よく吸収することが出来ます。

 

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・セルロースが安心な理由

 

セルロースは増粘安定剤としてチーズなどの加工食品に使われています。

 

セルロースには、食品どうしをくっつきにくくしたり、粘りけを加えて成形しやすくする働きがあります。

 

ベルタ葉酸サプリにも、製造用材として、サプリメントを固形に保つために使用されています。

 

セルロースは植物に含まれている成分のひとつで、植物の細胞壁を構成する成分です。

 

表記上は、食品添加物として扱われますが、地球上でもっとも多い炭水化物の一種で食物繊維なので、体内に吸収されずに、体外へ排泄などのタイミングで排出されます。

 

ベルタ葉酸サプリにもセルロースは使用されていますが、植物である普段から食べている野菜、キノコ類、海藻や豆などにも含まれている成分なので、妊娠中に摂取しても安全です。

 

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・クエン酸が安心な理由

 

ベルタ葉酸サプリには、クエン酸が配合されています。

 

クエン酸は防腐剤として食品の腐敗防止のために配合される添加物の一種です。

 

また、酸性の成分なので、アルカリ性を調整して味を調えるPH調整剤としての役目もあります。

 

添加物・防腐剤と聞くと身体に悪影響を及ぼすようなイメージがありますが、クエン酸はもともと、レモン・みかん・ライム・グレープフルーツなどの柑橘類の果物に多く含まれている酸味成分です。

 

食品由来の成分なので、妊活中・妊娠中・授乳中に摂取しても身体に悪影響を及ぼすことはありません。

 

クエン酸には、運動したりした時に体内に溜まる乳酸を除去して、疲労回復を促す効果もあるため、妊婦さんもそうでない方も摂取したい成分です。

 

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・クエン酸鉄ナトリウムが安心な理由

 

ベルタ葉酸サプリには、鉄の栄養強化剤としてクエン酸ナトリウム(クエン酸Na)が配合されています。

 

クエン酸ナトリウムは、水溶性の鉄分です。水に溶けやすいため、服用するときに鉄の味や鉄特有の独特な風味を感じる場合がありますが、身体には悪影響はありません。

 

クエン酸ナトリウムは、フェロミア錠などの貧血を予防する薬剤にも使われている成分なので、妊活中・妊娠中・授乳中に摂取しても問題ないので安心して服用できます。

 

水溶性なのは、体内に吸収させやすくするためです。

 

もともと、鉄や亜鉛などのミネラルは体内に吸収しにくく、現代は多くの人が慢性的に不足している成分なので、ベルタ葉酸サプリは吸収しやすいようにクエン酸ナトリウムとして配合してあります。

 

鉄特有のにおいが苦手で飲みにくいという意見もありましたが、ベルタ葉酸サプリはリニューアルに伴い、鉄臭いにおいも、ほとんど無臭になったため飲みやすくなりました。

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・ステアリン酸カルシウムが安心な理由

 

ベルタ葉酸サプリには、添加物の一つとしてカルシウム塩であるステアリン酸カルシウムが含まれています。

 

ステアリン酸カルシウムは製造用剤として食品やサプリメント・薬に使用され、コーティング剤としての役割があり、錠剤の表面を滑らかにして飲みやすくするために使用されます。

 

ステアリン酸カルシウムは、サプリメントの味を調えて飲みやすくする効果もあります。

 

ステアリン酸カルシウムをサプリメントなどに使用する場合は使用できる量に上限が定められていて、使用される量も少量です。

 

さらに、尿などと一緒に体外に排出されてしまうため、体内にはほとんど吸収されません。なので、妊娠中に摂取しても体に悪影響や副作用が起こることはないので、安心です。

 

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・パントテン酸カルシウムが安心な理由

 

パントテン酸の名前の由来は『どこにでもある酸(ギリシャ語)』という意味のある栄養素の一種です。

 

このパントテン酸は、もともとはビタミンB5と呼ばれていたビタミンの一種で、摂取することでビタミンCの働きを活性化させたり、助ける効果のある栄養素です。

 

ビタミン成分の一種なので、妊活中・妊娠中・授乳中に摂取しても危険がなく、安心な栄養素です。

 

パントテン酸カルシウムは、皮膚や粘膜を健康に保つ働きもあるため、薬局などでサプリメントとしても販売されています。

 

ベルタ葉酸サプリにも、パントテン酸カルシウムが栄養強化剤として配合されていて、パントテン酸とその他の成分を一緒に配合してあることで、栄養の吸収率を高めています。

[ベルタ葉酸サプリ/危険性]ベルタ葉酸の安全への取り組みについて

ベルタ葉酸サプリの危険性・専任スタッフの電話サポートを活用しましょう

 

ベルタ葉酸サプリは、販売するだけが目的ではなく、ベルタ葉酸サプリを飲み始めようと考えている方や、妊活を考えている方、妊活を初めて不安のある方・妊娠中の方の不安に思う気持ちにも寄り添えるサポート体制をとっています。

 

飲み方に対しての疑問、不安点などの相談に丁寧に対応できるように、相談窓口も外部のコールセンターではなく、妊活中のスタッフや、出産経験・育児経験のある女性正社員が対応してくれます。

 

お客様と同じ妊娠や出産経験をしているスタッフなので、お客様に共感しながら、悩みを聞いてくれたり、丁寧に相談に乗ってくれるので安心です。

 

受け付け時間も9:00〜19:00と平日仕事をされている方でも電話しやすい時間帯まで対応していて、通話料も無料となっています。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの危険性・赤ちゃんの誤飲を防ぐチャイルドロックの採用

 

ベルタ葉酸サプリは無添加で妊活、妊娠中に必要な成分だけを配合したサプリメントです。

 

妊活中でなくても、日頃から健康に必要な成分を多数配合してあるので、健康維持の目的でサプリメントを飲む方にもおすすめです。

 

ただし、あくまでも成人向けに成分が配合されているサプリメントなので、乳児や幼児の服用には適しません。

 

誤って飲んでしまった場合、身体に悪い影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

 

子どもは、興味を持ったものを口に運んだり、大人の真似をしたがるものなので、サプリメントを口にしてしまう可能性もあります。

 

なので、ベルタ葉酸サプリはリニューアルにともない、容器にも改良を加え子どもが触っても、簡単には開かないように、チャイルドロックを追加したので、誤飲に対しても安全です。